DNAからみた「イギリス人」

 

 

240-3ページで触れたように、最近の歴史DNA研究の成果により、イギリス諸島に住む人々の祖先がいつ頃何処からやって来たのかということがかなりの程度分かるようになってきている。

ここでは、Bryan Sykes, The Blood of the Isles: Exploring the Genetic Roots of Our Tribal History (2006) に基づき、この問題についてもう少し詳しく紹介する。

伝統的に、ウェールズ、スコットランド、アイルランドなどはブリテン島の先住民の流れをくむケルト系の言語文化が根付く土地で、「ケルト系」の人々が多く住む土地であるのに対し、イングランドはアングロ・サクソン人やデーン人(ヴァイキング)、ノルマン人の系統を受け継ぐ人々が中核を成す土地と考えられてきた。

しかし、オクスフォード大学の遺伝学の教授職の創設者である Bryan Sykes を中心に行われた調査・研究によれば、イングランドを含め、イギリス諸島の全域において、アングロ・サクソン、ヴァイキング、ノルマン人などの系統は少数派であり、大多数は先住民族の系統であるという。

以下に載せた表は、上記の本の巻末に掲載されているデータからの抜粋である。赤字は有史以前よりイギリス諸島に住むこの島の先住民族の系統、青はより新しい時代になってから入って来たアングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人等、ゲルマン人の系統を表す。

特に母系のDNAに関しては、ほとんどが先住民族の系統であると言える。それに比べれば、父系のDNAについてはゲルマン系の割合がある程度高いが、それでもやはり先住民族系に圧倒されていると言える。

また、伝統的に、イベリア半島北岸やブルターニュ半島付近からやって来たブリテン島の先住民族は、ストーンヘンジなどの遺跡を遺したものの、その後入って来たケルト人に取って代わられたと考えられてきた。しかし、同研究からは、大陸からいわゆる「ケルト人」が大規模に入った痕跡は全く見られないということも分かったという。

つまり、イギリス人をDNAの観点から見た場合、太古の昔にイベリア半島やブルターニュ半島付近からやって来た人々の系統が大多数を占めるということである。ブリテン島の先住民族は、文化的、言語的には後にケルト人の影響を強く受けるようになったが、民族(DNA)的には現在まで大きな入れ替わりはなかったのである。

アングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人の侵略や支配によって、ゲルマン系の新たなDNAも(特に父系のDNAに関しては)一定の割合で入ってはいるものの、依然としてイギリス諸島の全域において、先住民族の系統が大多数であるという状況に変わりはないようである。

 

スコットランド、イングランド、ウェールズにおける母系氏族のDNA

                 Scotland   England      Wales

     Helena     45.3          45.7        46.3

     Isha          4.2            3.9         6.1

     Jasmine   13.4          12.2          8.8

     Katrine      7.2            8.2         9.5

     Tara        10.1            8.9         9.8

     Uma         0.6            0.8          1.0

     Uta          1.2            0.4          1.7

     Ulrike       2.8            2.3          2.0

     Ursula      8.4           10.9        10.8

     Velda       3.3            3.2          3.0

     Wanda     0.6            1.8          0.3

     Xenia       2.3            0.8          0.3

     Other       0.5            0.9          0.3

 

スコットランド、イングランド、ウェールズにおける父系氏族のDNA

            Scotland     England    Wales

     Oisin       72.9          64.0        83.2

     Wodan    15.4          22.2        11.1

     Sigurd       8.8           5.2         1.4

     Eshu         1.5           2.1         3.1

     Re            1.2           2.7         0.7

     Other        0.3           3.6         0.7

 

主な母系の氏族グループ

Helena 20,000年前の南フランスに起源をもち、イベリア半島北岸からイギリス諸島に到達。

Jasmine 10,000年前のシリアに起源をもつ。バルカン半島付近から農耕文化と共に地中海沿岸に沿って移動し、イタリア半島を経由してイベリア半島やフランス北岸付近に到達。そこからイギリス諸島にも到達。

Katrine 15,000年前の北イタリアに起源をもつ。

Tara 17,000年前の北イタリアに起源を持ち、地中海地域から大西洋沿岸地域に広まった。

Ursula 45,000年前のギリシアに起源をもち、7,500-4,500年前までにイギリス諸島に到達。

Velda 17,000年前の北スペインに起源をもつ。

Xenia 25,000年前のコーカサス地方に起源をもち、東欧からブリテン島に到達。

 

主な父系の氏族グループ

Oisin イベリア半島北岸地域からブリテン島に渡った人々の系統

Wodan アングロ・サクソン人、デーン人、ノルマン人などの系統。いずれも本来北欧周辺に住んでいた彼らのDNAは似ており、更なる細分化は困難。

Sigurd 北欧のゲルマン系(恐らくノルウェー系)の系統。

 

Bryan Sykes, The Blood of the Isles: Exploring the Genetic Roots of Our Tribal History (Bantam Press, 2006).