The Wanderer 『さすらい人』

The Wanderer は古英語のエレジー (elegies) のうちの一編で、主君や同胞を失い孤独になった者の嘆きが、かつての繁栄と現在の没落との対比、繁栄した社会と無人の僻地との対比を通じて描かれている。

以下の邦訳は、G. P. Krapp and E. V. K. Dobbie (eds.), The Exeter Book, Anglo-Saxon Poetic Records 3 (New York: Columbia University Press, 1936), pp. 134-37 のテクストに基づく。

 

『さすらい人』

      「悲しみに沈む心で、遥かなる海路を越えて、

      凍てつく海の上、自らの櫂のみを頼りに

      一人寂しく流浪の旅をする者も、

       時には神のご慈悲なる救いを受けることあり。

 5  全ては定めのなせる業。」                                                    

      忠実なる郎党の没落、恐ろしき殺戮の果てに訪れた

      苦境を思い、さすらい人はかく語りき。

      「夜も明けやらぬうちから、ただ一人

      嘆き悲しむことも度々。いかなることを考えんとも、

 10 胸の内、心の内はそのまま固く内に秘めるべしとの                      

      貴人たる者の慣わしは

      よく知られたるところなれど、たとえ我が心の内を

    ありのままに語らんとて、生きて                                                           

      これに耳を傾ける者もなし。

  15 やつれたる心では、定めに抗うことも能わず、                            

       悲しみの心は助けにならぬ。

       栄光を求むる武人なれば、滅多なことでは

       悲しみを胸の内より解き放たぬもの。

       故郷を失い、己が親族とも遠く離れ、

  20 度々悲しみに襲わるる我が心の思いも、                                  

       かくの如く、枷に繋がるるべきものを。

     遠き昔、物惜しみなく財宝を分け与える我が君が[1]

       死して暗き地底に葬られて後、惨めにも私は故国を離れ、

       大海原を越え、冬さながらに陰惨とした心で旅し、

   25 館を失いし悲しみに打ちひしがれつつ、[2]                               

       財宝をくださる新たなる主君を求め、

       近隣であれ遠方であれ、蜜酒の館にて私を重用し、[3]

       主なき我が身を慰め、喜びを与えてくださるお方の

       いるところを求め旅をした。愛すべき同胞もなく、

  30 悲しみを友とすることがどれ程惨めかは、                                 

       身をもってして初めて分かること。

       斯様の者を待ち受けるは流浪の旅の道であり、報償の黄金に非ず、

       凍てついた胸の内であり、実り豊かな大地に非ず。

       館に集う人々、財宝の拝領、そして、若き日に

  35 財宝をくださる君から学んだ酒宴での作法、                              

       今や思い出されるこれら全てが失われてしまったのだ。

       敬愛すべき主君の御言葉を、久しきに亘り

       聞いていおらぬ者には分かるであろうが、

       惨めで孤独な流浪者が、

  40 悲しみの内に眠りに落ちると、                                             

       夢の中で、かつて主君在りし日に、

       玉座の前でそうしていたように、

       主君の前に跪き、その御手を取り

       御顔に接吻するのである。

   45 しかし、天涯孤独の者が眠りから覚めた時                               

       目にするのは、くすんだ色の波、

       羽を伸ばし水浴びする海鳥、

       霜、そして雹交じりの雪。

       心の傷は一層深まり、敬愛すべき主君への

  50 思いはますます募る。親族の思い出が心を駆け巡ると、                 

       心は高揚し、さらに多くを思い出そうと

     懸命になるが、すると、(たゆと)うて来た彼らの面影

       どこへともなく消え去ってしまい、

       馴染みの友の声を聞くこともなし。こうして

  55 悲しみが新たになるのだ。大海原を、常にやつれた心で                 

       旅しなくてはならぬ者の

       悲しみが新たになるのだ。

      突如として館を失った、

       心猛き家臣達の

  60 人生を思うにつけ(世の儚さを痛感し)[4]                             

       この世には、我が心を(かげ)らせぬものなしと思わるる

       かくの如く、この中つ国は[5]

       日々衰退し零落しつつあるのだ。

       人は、この世にて年月を重ねねば

   65 賢くはなれぬもの。賢き者とは、忍耐強くあり、                           

        熱くなりすぎず、軽率なること言わず、

       軟弱でありすぎず、無謀になりすぎず、

       恐れすぎず、喜びすぎず、欲を張りすぎず、

     確たる見通しもなく項を焦ること決してせぬ者なり。                        

   70 誓いを立てるのは、                                                       

       胸中の考えがいかなる方策をよしとするか、

       しかと見定めてからにすべし。

       この世のあらゆる富が儚くうち捨てられるものと考えた時、

       これがいかに恐ろしきことか、賢き者なれば悟るべし。

  75 この中つ国のいたるところで、                                               

       (廃屋の)壁が、吹き荒ぶ風の中、霜に覆われ、

      館の中まで嵐にさらされている。   

       葡萄酒の館は朽ち果て、主君も喜びを奪われて

       死に絶え、誇り高き家臣達も

  80 館の壁近くで死に絶えし。ある者は戦に倒れ                              

     あの世へと運ばれ、ある者は(死体となって後)鳥に喰われ[6]

     高き波の向こうへ運ばれ、ある者は灰色の狼の          

       餌食となり、またある者は、

       悲しみに沈む者により墓に埋葬されし。

  85 斯様に、人類の造り主は、この城市を破壊し、                            

       かくして街に住まう人々の歓楽の声は途絶え、

     古に巨人の作りたる建物は打ち捨てられるに至ったのだ。[7]

      賢明にも、遺されし館の石壁のことを思い、

      この暗き世の中について深く考える

 90 心賢き者は、時にかつての                                                 

      大規模な殺戮のことを思い返しつつ言う、

      『軍馬はどこへ行った? 若者達は? 宝を分け与える君は? 

      酒宴の館は? 館に溢れる喜びは?

      ああ、輝く酒盃よ、戦士たちよ、

 95 我が主君の栄光よ。輝かしき日々は過ぎ去り、                           

      夜の陰の下、まるでなきが如くに暗くなってしまった。』

    今や(つわもの)どもが夢の跡として残るは

      蛇模様のいと高き城壁のみ。[8]

      槍の力が、血に飢えた武器が、

 100 かの名高き定めの力が、貴人達を滅ぼしたのだ。                      

      石壁は嵐に曝され、

      冬の先触れたる吹雪により

      大地は雪に覆われ、暗き夜の闇が来たりて、

      ますます闇を深くし、北方より

 105 荒々しき雹嵐がもたらされ、人々を悩ませる。                           

      この世界にてはあらゆることが苦難に満ち、

      天の下のこの世にては物事は移ろいやすし。

      ここにては、財産も束の間のもの、友も束の間のもの、

      人も束の間のもの、親族も束の間のもの。

 110 この世のあらゆるものはやがて無に帰するのだ。」                     

      物思いに沈みつつ、心賢き者はかく語りし、

       「信仰を持つものは幸いなり。勇気を持って悔い改めもせぬうちから、

     悲しみの気持ちを胸の内よりあまりに容易(たやす)く解き放つことなかれ。

       天にまします我らが父に救いを求める者は幸いなり。

 115 そこには、我ら全ての平安あり。」                                         

 



 

[1] 物惜しみなく宝を分け与えるのは、君主の徳のうちの一つであり、ここではこのような言葉で、この君主が理想的な君主であったということがほのめかされている。

 

[2] 「館」(宮廷)では、しばしば酒宴が開かれ、その席で君主が家臣たちに宝を分け与えた。そのため、この場合のように、館が理想的な武人社会を象徴するものとして捉えられることがある。以下で用いられる蜜酒の館葡萄酒の館という表現も、このような文化を反映したものである。

 

[3] 「蜜酒の館」とは酒宴の行われる館のことである。酒宴は武人社会の理想を象徴するものとされることから、「蜜酒の館」という言葉は、理想的な武人社会を連想させる言葉であると言える。

 

[4] 括弧内は、文脈を分かり易くするために訳者が加筆した言葉。

 

[5] 「中つ国」(middangeard) とはこの世の世界のこと。J.R.R. Tolkien 『指輪物語』等の Middle-earth「中つ国」もこの古英語の単語の現代英語訳に基づく。

 

[6] 古英詩で戦の場面が描かれる際には、伝統的なモチーフとして「戦場の獣」がしばしば言及される。戦場の獣とは、狼、鷲、烏で、これらは戦争が始まる気配を察して戦場に現れ、戦で倒れた戦士達を餌とするとされている。次行で狼が言及されていることからも、この箇所では戦場の獣のことが意識されており、「鳥」というのは、具体的には鷲や烏のことであるということが分かる。

 

[7] 古英詩では、古くからある(特に石造の)建物が巨人に作られたものとして言及されることがある。『廃墟』(The Ruin)、『格言詩2』(Maxims II)、『ベーオウルフ』(Beowulf) にも似た表現が使われている。アングロ・サクソン人には、もともと石で建物を作る習慣がなかったが、彼らがブリテン島に渡って来てみると、そこにはローマ支配時代に作られた石造の建物が多く遺されており、これを巨人が作ったものと考えたことから、このような表現が生まれたとも言われている。

 

[8] 特に西ヨーロッパを中心に、ローマ時代の浮き彫りのモチーフとして、蛇や海蛇やそれに類するものがよく用いられた。ここでもそのような浮き彫りのことが言及されているのであろう(R.F. Leslie, ed., The Wanderer, revised ed. (Exeter: University of Exeter Press, 1985), pp. 90-91を参照)。「古の巨人の作りたる建物」(上述)という表現からも読み取れるように、この詩ではローマ人の残した石造建築のことが念頭に置かれているようである。